効果のある酵素ドリンクの量とは

体によいとされている酵素ドリンクですが、一気に大量摂取すれば良いというものではないようで、逆に体の負担になったり、それ以上効果が見られず無駄になってしまうなど、摂取する量は重要です。酵素ダイエットは食事と一緒にもしくは置き換えで3回、健康目的の場合は2回など、個人で調整が必要になります。基本的には一度の摂取量20~60mlが一般的とされています。自作の酵素ドリンクの場合は自分の体調と相談しながら調整が必要になりますし、市販品を利用している方は製品記載の用法を守ることをお勧めします。

酵素ドリンクを飲むのに、一回の量はどれくらい摂取すればいいのか。市販品の場合、買い上げ時に軽量カップが付属品として付いていますが、それを使って水などに割ります。一般的な酵素ドリンクは、一回の摂取で約20~30ml原液を入れ、約100mlの水で割ります。これが、一回分の摂取量となります。一日に摂取するとして、どのくらい飲めばいいのかは、体質とダイエット用途によりますが、軽いダイエットの場合、三食のうちどれかを置き換えることで、ダイエット効果につながります。

最近では、ファスティング中の栄養補給として使われていますが、その場合は数回摂取するのが効果的であると言われています。だいたいは三食分全てを酵素ドリンクに置き換えるのが理想的ですが、低血糖で倒れる恐れがあるため、数回に分けて多めに摂取するのが一般的です。

酵素ドリンク自体に害はないのですが、体の中へ取り入れるものですから、胃腸へ負担がかかってしまうと吸収率が悪くなったり、体に負担をかけてしまい、体調を崩す恐れがあります。自分の体調をよく観察して上手に摂取することが望ましいとされています。
摂取量に関しては、正しい飲み方なるものは存在しません。健康的にダイエットやファスティングを行う、いわば手助けをするだけにしかなりません。
基本的に必ず飲む時間の決まりがあるわけではなく、拘ってしまったりストレスを感じてしまうと効果も半減してしまいますので、楽しく気軽に飲み続けられることが理想的です。酵素ドリンクの味にも個性があるので、自作して工夫したり調整したり、市販の製品は口コミや体験談などを参考に、飲みやすい味を探してみるのも楽しいかもしれません。
体質に合わない場合は元も子もないので、自分に合った飲み方を続け、継続することが大事です。市場に出回っている酵素ドリンクは飲みやすい味わいなので、いろいろな飲み方ができます。